学生ローンと学生キャッシングの専門情報サイトです。学生ローンの詳細を完全解説致します。

学生ローンの解説

学生ローンは小規模ながら、着実にその名は刻まれ、現在ではメジャ-な存在となっている。
 
学生ローンの存在を世に知らしめたのは、インターネットの普及によるところが大きいことは言うまでもない。学生ローンのほとんどは小規模の運営である。
 
発足当時は地元に密着した街金融の学生版といったところだが、小規模故に地方在住の学生にまでは知られる存在ではなかったのだ。
 
しかし、良い面もあった。一度地方の学生を1人顧客にすると、たちまち口コミで広がり、少なくとも学校単位では有力な顧客先となっていたのだ。
 
だが、問題は「最初の1人」を顧客として獲得する手段がなかったことだ。
当事の遠方客へのセールスアタックは、「電話帳」オンリーだったわけだが、その広告費用は効果の割りに合うものではなかった。
苦労して獲得した最初の顧客が、何人もの友達を紹介してくれれば採算も合うところだが、「一発屋」で終わってしまうことも少なくはない。
当事の新規客を誘致する最大のツールは、なんといっても「看板」と「紹介」だ。
学生ローンは高田馬場駅周辺の優良な看板設置場所を捜し求めた。
その結果、高田馬場駅周辺の看板広告を担当する業者との人脈が、より良い場所を確保する為の重要なポイントとなった。人脈がなければ空きスペースの確保に遅れをとってしまうわけである。
 
もちろん看板だけでなく、居を構える立地条件が良くなければ話にならない。
また、営業サービスが悪ければ口コミ客や紹介は見込めない。
そこで学生ローンは、なるべく多くの友人を紹介してもらおうと、紹介料や謝礼の景品の高騰化が目立つようになった。「バラまき」という戦略である。
 
やがて時は流れ、インターネットという巨大マーケットが誕生し、これまでの集客図式が大きく変貌することになるのである。
 
インターネットは当初パソコンによるものだけと思われていたが、その後iモード等のモバイルマーケティングという10年前では想像すらできなかったツールが誕生し、学生ローンは次第にその名を世に広めていくことになるのである。学生ローンのカレッヂもその一つといえるだろう。
 
進化はこれでは終わらなかった。
スマートフォンの誕生である。
アップル創始者、スティーブ・ジョブス氏が執念で完成にこぎつけた、あの「iphone」である。
 
iphoneの誕生は瞬く間に世界中のビジネスモデルを一変させ、センセーショナルを巻き起こした。
 
これまでの携帯端末である「ガラケー」と比較すると、あまりにも機能のさが歴然としている事は説明するまでもないだろう。
 
最も大きく違う点は、大画面、高画質な上、JavaScriptが作動することだろう。
JavaScriptが動作する事で、ガラケーでは表現できなかったサイトパフォーマンスが可能となり、コンテンツ製作者の技量が大きく影響するビジネスツールになったのである。
 
iphoneに対抗すべく、Googleが開発したアンドロイドの出現も、とてつもなく大きな影響を与えた。
Googleマップは住所を入力するだけで、もはやカーナビと同等の機能を発揮するし、マップとインターネットビジネスがコラボする新しいスタイルも出現した。
 
現在のECサイトは、もはやモバイル対策は必要不可欠なものとなり、学生ローンも例外なく対応に迫られることとなろう。

▲このページのトップへ