学生ローンの役割

知人同士の金の貸し借り
学生ローンは学生専門に貸付を行うノンバンク、いわゆる消費者金融である。
もともと消費者金融が誕生した1960年代、学生に対する融資を行うローン会社は皆無であった。
当事の学生は、キャッシングの手段がなく、やむなく知人同士でお金の貸し借りをして当座を凌いだものである。しかし所詮知人同士の金の貸し借りには限界があり、ひずみを生む副産物さえあるものである。
副産物とは、人間関係に与える影響である。
金の貸し借りは人間関係に大きく影響する要因の一つであるが、良い方向に作用することはなく、大半が悪影響を及ぼす。
知人から金を貸してほしいと頼まれた場合、はじめのうちはさほど人間関係に与える影響は少ないが、回数がかさむにつれ、次第にうっとおしくなるものである。
返済の約束が守られている間はまだマシだが、一度遅れると不信感を抱き、「払え!」と「待ってくれ」の押し問答になるのである。
こうなると、もはや人間関係どころの話ではない。

学生ローンの役割
学生ローンの役割は、こういった人間関係の煩わしさを排除し、友達同士の貸し借りではありえない金額を借りることができる。
学生ローンは金を貸すのが商売である。
したがって、金を貸してほしいと頼めば向こうは喜んで貸してくれるのだ。
多少の遅れで人間関係が壊れることもない。
そもそも学生は収入が不安定である。それでも出費は必ずある。どうしても金が必要な時に気軽にキャッシングできる学生ローンのサービスは、学生にとって重宝なツールなのである。
例えばどうしてもあと数日以内に学費を収めなければ、学校を辞めさせられるといった状況を考えた場合、それだけの金を貸してくれる友達が周りにいるだろうか。
ほとんどの人はいないだろう。しかし学費は待ってくれない。金のせいで自分の人生が左右されてはたまったものではない。
このような状況で学生ローンから借りることは、決して悪いことではないはずだ。
むしろ無事に学校を卒業し、ちゃんとした企業に就職することができれば、学生ローンから借りたことが良い意味で将来の人生設計に貢献したことになる。
要は使い方が問題となるわけだが、学生ローンの役割は決して世間から非難されるようなことばかりではなく、社会貢献に役立つこともあるのだ。

サイト内関連記事

「学生」の定義と学生ローンの貸付対象者
学生ローンは学生を対象に貸付を行う貸金業者である。 「学生ローン」だから、社会人......
学生ローンの検討方法
学生ローンの検討方法は、各学生ローン会社を条件別に比較することがまずは基本となる......
学生ローンで長期滞納した場合
学生ローンで支払いが滞納とた場合に、どのようなペナルティや支払い督促を受けるのか......
個人情報の取り扱い
学生ローンに申し込みをすると氏名や生年月日、携帯電話の番号等の個人情報を提出しな......

▲このページのトップへ