他社利用が多い場合




学生ローンでは顧客対象が学生である為、多重債務者となるケースは少ないが、卒業後に多重債務者となるケースは多い。
卒業後は一般の消費者金融に申し込む事が多いが、多重債務者はただでさえ審査が厳しい上、2010年に完全施行予定の改正貸金業法では、総量規制が導入される。
総量規制の主な内容は、1社で50万円を超える場合、あるいは他社との合計借り入れ額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提示が必要となることである。
この場合、年収の3分の1を超え金額の借り入れについては、借りることができない。
年収の3分の1以内であれば借りる事は可能だが、収入証明は必須となる。
ところで、この総量規制の考え方の原点は、多重債務者の防止である。しかし、借りたくても借りられない人々が急増し、ヤミ金に頼る消費者が急激に増えたという新たな問題が浮上している。
この問題は、総量規制導入前に十分予想できたことであり、法のありかたに疑問を呈する識者も多い。多重債務者防止目的の法律が、逆にヤミ金を助長する形となっているわけだから皮肉なものである。
尚、総量規制以前に、過払い金問題や金利規制強化による貸金業者の体力低下に伴い、貸し渋りと貸し剥が横行している現状であるから、自分の希望に沿った金額が借りられるという保証はどこにもない。

学生ローンの解説Top

(C) 2013 学生ローンの解説