学生ローンの役割




知人同士の金の貸し借り
学生ローンは学生専門に貸付を行うノンバンク、いわゆる消費者金融である。
もともと消費者金融が誕生した1960年代、学生に対する融資を行うローン会社は皆無であった。
当事の学生は、キャッシングの手段がなく、やむなく知人同士でお金の貸し借りをして当座を凌いだものである。しかし所詮知人同士の金の貸し借りには限界があり、ひずみを生む副産物さえあるものである。
副産物とは、人間関係に与える影響である。
金の貸し借りは人間関係に大きく影響する要因の一つであるが、良い方向に作用することはなく、大半が悪影響を及ぼす。
知人から金を貸してほしいと頼まれた場合、はじめのうちはさほど人間関係に与える影響は少ないが、回数がかさむにつれ、次第にうっとおしくなるものである。
返済の約束が守られている間はまだマシだが、一度遅れると不信感を抱き、「払え!」と「待ってくれ」の押し問答になるのである。
こうなると、もはや人間関係どころの話ではない。

続きを読む

学生ローンの解説Top

(C) 2013 学生ローンの解説